川口市南鳩ヶ谷の歯科医院「アルファデンタルクリニック」が運営するWebサイトです。

アルファデンタルクリニック

048-225-88009:00~12:30 / 14:30~18:30
WEB診療予約

小児歯科

子どもの歯を、健やかなまま守りたい

お子さんの歯に、気になることはありませんか? ~小児歯科~

いずれ永久歯に生え替わるからと、乳歯の虫歯を軽くお考えの方もいらっしゃいますが、それは大きな誤解です。乳歯の虫歯は、歯の生え替わり時に歯列を乱すなど悪影響をおよぼすことがあります。お子さんが将来お口のトラブルを抱えないために、乳歯のころからのお口の健康管理をすることが大切です。

乳歯は生えはじめの生後半年くらいから、虫歯にかかるリスクが生じます。また、永久歯とくらべてエナメル質も象牙質も薄くやわらかいため、虫歯になるとあっという間に進行してしまいます。しかし、小さなお子さんは自分で歯を守ることができません。歯を大切にする習慣を身につけることを含め、親御さんがしっかりとお口の健康を守ってあげないといけないのです。

そんな親御さんをサポートするのが、小児歯科です。

虫歯リスク、検査で確認してみませんか?

お子さんだけでなく、人の歯は歯質や唾液の質などで、虫歯リスクが異なります。毎日きちんとブラッシングしているのに虫歯ができるといったお悩みがあるなら、一度、検査で虫歯リスクを調べてみましょう。

3DSについて

クセが歯列の乱れにつながることも

お子さんが何気なくしているちょっとしたクセ。放っておくと、お口や顎、骨格の発達に何らかの悪影響となってしまうことがあります。次のようなクセがあるなら、早めにやめさせてあげましょう。

こんなクセには要注意

指しゃぶり・舌のクセ ほおづえ うつぶせ寝
指しゃぶり・舌のクセ ほおづえ うつぶせ寝
指や舌が前歯に負荷をかけ、
出っ歯など不正咬合を引き起こすことがあります。
頭の重さがすべて顎の骨にかかります。
顎の成長への悪影響、
咬み合わせの乱れ、
顎関節症などの心配があります。
長い時間うつぶせで眠っていると、
顔や顎の骨が歪む原因になることがあります。
よく咬まずに呑み込む食事 片側ばかりで咬む 口呼吸
よく咬まずに呑み込む食事 片側ばかりで咬む 口呼吸
しっかり咬むことが
顎の発達につながり、
唾液の分泌も促します。
丸呑みするような食事は、
消化器への負担にもなります。
左右均等に咬めず、
片側でばかり咬んでいると、
歯列や咬み合わせの
乱れを引き起こします。
本来、呼吸は鼻でするものです。
口呼吸で口腔内が乾燥すると、
虫歯菌などの細菌が増殖し、
>顎の発達にも悪影響となります。

これらのクセによって歯列が乱れると、ブラッシングしづらい部分が出てくるようになり、虫歯になりやすい口腔内環境となってしまいます。お子さんに歯列の乱れや、気になるクセがあるようでしたら、一度当院へご相談ください。

お子さんの成長や年齢に対応した歯科矯正装置をご紹介!
キッズラインについて

お子さんの虫歯予防やブラッシング指導も川口市の歯科医院にお任せください

子どもの虫歯予防は親の務めと、プレッシャーを感じていらっしゃる保護者の方も多いのではないでしょうか。ですが、うがいもままならない我が子の歯をどうケアすればいいのかわからないというお悩みをお持ちの方は少なくありません。そんなときはぜひ、川口市・南鳩ヶ谷の歯科アルファデンタルクリニックへご相談ください。

足立区からも近い当歯医者では、お子さんはもちろん、保護者の方にもお子さんのお口の健康を守るためのブラッシングやケアの指導をしております。

足立区のお隣にある当歯医者では院長はじめスタッフは女性だけですので、ママやお子さんもリラックスした環境で口腔ケアができます。虫歯を予防するために歯の溝をふさぐシーラントや、お子さんでも安心して受けられるクリーニングも行っておりますので、ぜひお気軽にご来院ください。

一緒に、お子さんのお口の健康を
守りましょう!
「診療予約」はこちらから

arrow_circle_up